本文へスキップ

つばさ会は航空自衛隊の諸行事・諸活動への協力・支援等を行う空自OB組織です。

電話/FAX: 03-6274-8644

〒160-0002 東京都新宿区四谷坂町9番7号
ZEEKS四谷坂町ビル 3F つばさ会本部

令和元年度小牧基地オープンベース

                            R01.11.16

開庁60周年記念令和元年度小牧基地オープンベース





☆---------------------------------------------------------------------☆

  令和元年11月9日(土)絶好の航空祭日和の晴天となった、愛知県小牧市に所在する航空自衛隊小牧基地で、半年振りに開催されたオープンベースは開庁60周年記念の節目となりました。
  今回も、ブルーインパルスが参加するためか、早朝から周辺の鉄道及び路上には航空ファンが多く、続々と基地に向かっていました。











  正門の所持品検査場に向かう観客の上空にはKC-767とF-2の飛行展示
 
 前回同様、雲一つない晴天となったエプロン上には、ブルーインパルスの展示前とRF-4前に観客が集中し、プログラムに沿って実施される各種飛行展示や民航機の離発着にカメラを向けていました。
 地上展示は、基地所在のKC−767、U−125A及びUH−60Jに加え、US-2などの珍しい外来機もあり、エプロンに張られた規制線前は、航空ファンが幾重にも列を作っていました。











     地上展示されたブルーインパルス











 今回も機内公開されたKC−767     地上展示のUH−60J
 










 人気のRF−4             地上展示されたC−2











 バックハンガーに展示されたC-130H   陸上自衛隊の戦車も展示

 展示飛行は、午前中にC-1、KC−767とF−2及び各2機のKC−767とC−130Hによる編隊飛行等が、次いで陸自OH−6、愛知県防災航空隊等のヘリによる災派のデモストレーションも実施されました。
 また、2機のU−125A救難捜索機とUH−60J救難救助機による救難展示が実施されました。午後からは、RF−4とブルーインパルスの飛行展示及び外来機の帰投が実施されました。











  C-130H2機による飛行展示       KC−767の飛行展示

 11時過ぎからは、第8格納庫内で「開庁60周年小牧基地オープンベース記念懇親会」が実施され、多数の招待者等が集い盛会でした。
 主催者である基地司令 船倉慶太空将補及び基地協力会伊藤会長の挨拶に続き、多数のご来賓の紹介が実施され、乾杯のご発声は5術校長の横尾空将補が務めました。前日の前夜懇親会に続き、電光石火の乾杯を経験できました。











 挨拶する基地司令 船倉空将補    乾杯のご発声は5術校長 横尾空将補











 海自のUS-2              格納庫にあった記念写真コーナー

 ゲートに入って最初に遭遇するイベントの警備犬訓練展示は、午前午後各1回ずつ実施されました。今回、初参加となった室屋義秀氏の展示には多くの観客が訪れました。来場者数は、約6万1千人とのことでした。













  人気イベントの一つ警備犬訓練展示

(おまけ)










 前夜懇親会で挨拶する基地司令      前夜懇親会会場と来場者の様子

                   (記事及び写真:bun)

☆---------------------------------------------------------------------☆


              

つばさ会トップページ
bunの部隊取材記