入間基地納涼祭 本文へジャンプ

【入間支部写真部 横浜撮影会】


 つばさ会入間支部写真部は、西武線の元町・中華街駅への乗り入れに合わせ、かねてから計画・検討していた横浜での撮影会を、平成25年4月9日(火)に実施しました。
 列車は、田中部員調べによる飯能駅発(快速急行:元町・中華街行):1240→入間市駅:1247→小手指駅:1254→所沢駅:1300→・・・・→武蔵小杉駅:1353→横浜駅:1408→元町・中華街駅着:1415のダイヤ。 途中参加の部員のために、集合場所を元町・中華街駅後方改札口(横浜寄り)、集合時間を1430としました。

 参加者は、近郊とあって7名と多くの部員が参加しました。この日は、風は非常に強かったもののお天気に恵まれたいい日でした。

 【上:イケメンカエルにフォーカス】 
                             【下:絢爛豪華な関帝廟】
 一行は、まず中華街を散策。朝陽門から入り、街中でカメラを構える部員に観光客も思わず同じ方向を見て、なかなか珍しい物を見つけると感心されていました。そして、市場通り門を南に向かい、関帝廟を見つけ、集中して撮影。ここから、途中夕食によさげなレストランを確認し、天長門を抜け、山下公園へ。

 山下公園では、カモメや噴水等を思い思いに撮影。ここで、ベンチで少し休憩も。やがて、赤レンガ倉庫を目指して行くも歩数も増えたため、一転コーヒータイム。ここで、日暮れを待ちつつ休憩。








 【氷川丸にて休むカモメ】             【コーヒータイムで話も弾む】


 やがて最終目標の大桟橋へ。日没から徐々に日が暮れるにつれ、夜風が身にしみてくる中、熱心に撮影。 日も暮れ、撮影は終了。





    【上:暮れなずむ横浜】        【下:赤レンガ倉庫を望遠で臨む】










 最後は、もう一つの楽しみ、中華街での夕食。田中部員のガイドにより昼間目を付けていたレストランで冷えたビールと美味しい梅蘭焼きそばを頂き、盛会のうちに横浜撮影会を終了しました。

       



           横浜グランドインターコンチネンタルホテル
   
   ツタの絡まる家          停泊中のビーナス・クルーズ号
 


 さて、撮影を終わっての感想は、
・楽しいひとときを過ごせた。
・一万数千歩、歩いた。
・夜景の撮り方について勉強になった 等々、満足の撮影会でした。

 写真部は、今後ともこのような撮影会を計画したいと考えています。ご一緒にいかがでしょうか?

 


  記:n-alfa 画:S支部長、M信、freetime、n-alfa