本文へジャンプ

第54回福岡市民の祭り「博多どんたく港まつり」

                                     H270512

九州つばさ会 記

 九州つばさ会(御木会長)は、5月4日、今年度のメイン行事である「博多どんたく港まつり」に参加し、100万人を超える沿道の観衆の皆様に、「九州つばさ会」の名前をお披露目してまいりました。

 博多どんたく港まつりには、5月3日、4日の二日間で、パレードに230団体、約24,000人、演舞台には758団体、約38,000人の参加がありました。そして、見物客は、2日間で210万人。

 5月3日はあいにくの雨模様で90万人の人出でしたが、5月4日は好天に恵まれ120万人と膨れ上がり、九州つばさ会のメンバーはこの大観衆に臆することもなく、航空機のオブジェ(T-7,T-4ブルー)と揃いのキャップ、ブルゾンに身を包み、昔取った杵柄で隊列を見事に揃え、伊地知佐賀支部長の音頭で千成しゃもじの音を重ね、沿道の老若男女の前で堂々としたパレードを披露しました。












 参加メンバーは、御木九州つばさ会会長以下会員12名、会員夫人2名を含む5名の綺麗どころの女性の参加、パイロットに現役隊員1名、元パイロットを含む若手OB2名の参加、数名の春日基地協賛会員も加わり、初参加に色を添えて頂きました。












 特に、2機の航空機のオブジェが衆目の的となり、このオブジェを挟んでの写真撮影をお願いされたり、沿道の多くの子どもさんから「お母さん!見て!見て!飛行機!飛行機!」と喝さいを浴びたり、更に多くのレンズの放列や、沿道4か所に設置された紹介ステーションでの九州つばさ会の紹介等から、参加どんたく隊としては最小の部類ながら「九州つばさ会」の名を広く知らしめるとした参加目的は十分達し得たものと判断します。












 なお、博多どんたくへの参加は是非とも継続していきたいと考えております。パレードには最大で200名まで参加できます。出来ましたら一生の思い出作りの一環として多くの会員の皆様の参加をお願い申し上げます。来年のパレードはフルサイズでの参加を企画しております。














            記事:九州つばさ会 横手 政隆 担当理事


 2015.5.4 博多どんたく「九州つばさ会どんたく隊」