r

三沢つばさ会 本文へジャンプ
  歌謡親睦会(歌声喫茶)について

 三沢つばさ会は、平成27年6月28日(日)1330から約2時間歌謡親睦会(歌声喫茶)を三沢市公会堂視聴覚室において開催しました。
 この催し物は6年前の平成22年から始まり今回で6回目です。演奏は千葉県在住のアコーデオン奏者の類地晋郎氏と映像(歌詞)担当の安松敬城氏(防大10期、倉持会長の先輩であり空幕で一緒に勤務)が来場され運営を支援していただきました。この会の始まった経緯は、安松氏から打診があり実現したもので、以後6年前の初回からご支援いただいております。
 来場者の内訳は一般が18名、つばさ会会員7名、計25名と昨年より弱冠少なかったものの当日は悪天候であったことを考慮すれば歌声喫茶は根強い人気があると言えます。特筆するべきは、一般の参加者が全員女性であったということです。これは、会員諸氏がほとんど男性であることを踏まえるととても良い企画ではないかと思います。残念ながら、歌謡親睦会(歌声喫茶)は年1回の開催なのでまた来年ということになりますが、一般の来場者からは「年2回出来ないでしょうか。」との意見もありました。今回の企画や意見を踏まえ、更に盛り上がる方向に検討をして行きたいと考えております。


アコーデオン奏者の類地氏(歌詞の裏話についての話題も豊富)


リクエストを真剣に記入する一般来場者


おもわず立ち上がって歌い出す一般来場者