本文へスキップ

つばさ会は航空自衛隊の諸行事・諸活動への協力・支援等を行う空自OB組織です。

電話/FAX: 03-6274-8644

〒160-0002 東京都新宿区四谷坂町9番7号
ZEEKS四谷坂町ビル 3F つばさ会本部

八雲分屯基地創立記念行事


                            H28.08.04

 八雲分屯基地創立記念行事

 つばさ会、國分理事から八雲分屯基地創立記念行事の参加報告を頂きました。

☆---------------------------------------------------------------------☆

 航空自衛隊八雲分屯基地の創立39周年記念行事が、平成28年7月24日(日)に晴天の下で実施された。

 基地正門の状況









 9時の開門と同時に実施された装備品展示では、所在する20高隊及び23高隊のペトリオット器材、千歳基地からの第2基地防空隊の短SAM及びVADS器材等、並びに基地防空教導隊の基地防空用SAMと盛り沢山であった。


 装備品展示
(基地所在のペトリオット)











   上:装備品展示(教導隊の基地防空SAM)



 装備品展示
(2防隊の短SAM)












 記念塗装されたFCS





















    上左:記念塗装部の拡大      上右:記念塗装?されたミサイル



 VADS











 また、千歳救難隊のUH−60Jの地上展示及び陸自偵察部隊の2輪車等も展示された。















 午前11時半から実施された記念式典において、分屯基地司令の林弘之2等空佐の式辞に続き、周辺自治体の長の祝辞等及び基地感謝状受賞者の紹介が行われ、次いで実施された記念祝賀会において基地周辺の自衛隊関係協力団体及び函館地方協力本部や近隣に所在する他自衛隊関係者が一堂に会した交歓が行われた。


 午後の飛行展示は、強風下で目まぐるしく雲が流れる中、偵察航空隊のRFが低高度で会場に1度飛来したものの、悪天候を理由に他の機種と合わせ中止となった。

       下:飛行展示(偵察機RFの1stパス)











 模擬店や遊具は、子供連れの家族の人気を博していた。


左図:旧滑走路エプロン地区における模擬店










   下:北海道ならではの遊具




















 警備部隊の訓練展示では、そんなに撃って大丈夫かと思うくらいの空砲が使用され迫力満点であった。
   下左:警備訓練展示        下右:空砲による模擬制圧











 救難隊による救難訓練展示は、来場者の注目の的であった。今回の行事における来場者数は、約930名であったと聞いている。
              救難訓練展示(UH−60J)
     下左:進入開始          下右:救難員2名の降下










    下左:模擬救助者の吊上げ       下右:機内への収容











 新函館北斗駅から在来線で約1時間の八雲分屯基地にとっても、北海道新幹線の開通は基地運用に変革をもたらすであろうと感じた。
    下左:強風で流れ込む雲      下右:庁舎横にある「練磨制空」の碑文











☆---------------------------------------------------------------------☆


              

つばさ会トップページ
bunの部隊取材記