本文へスキップ

つばさ会は航空自衛隊の諸行事・諸活動への協力・支援等を行う空自OB組織です。

電話/FAX: 03-6274-8644

〒160-0002 東京都新宿区坂町28-5 ZEEKS四谷坂町ビル 3F つばさ会本部

H27入間基地納涼祭


                            H27.07.29

 H27入間基地納涼祭

☆---------------------------------------------------------------------☆

 平成27年7月28日、入間基地において恒例の入間基地納涼祭~盆踊りと花火の夕べ~が開催されました。
 入間つばさ会では、隊友会と同じブルーシートに生ビールを用意して参加。会員、家族を交えて楽しく観賞しました。










 つばさ会のシートは、萩原事務局長、新井前事務局長、梅木役員、銭本役員らが、暑い中3時から準備。その努力の甲斐もあってか、宇都隆史参議院議員ご夫妻、遠竹前つばさ会会長、市原前山陽つばさ会会長、入間基地修武太鼓部員等が多数訪れ、場は賑やかに盛り上がっていました。










 今年の納涼祭では、入間基地司令、協賛会会長の挨拶、来賓紹介に続き、今回初めてのイベント、「入間基地BOYSコレクション」が開催されました。これは、空自の制服や航空服装などを隊員がモデルとなって紹介するもので、隊員が”ランウェイ”を歩くと大きな拍手が沸き起こりました。




















 この後、「入間基地BOYSコレクション」に参加した隊員とじゃんけん大会や握手会が行われ、じゃんけん大会の優勝者には体験搭乗ペア券が送られました。










 フラダンスは、新しい世代に突入したのかパワーは通常の3~4倍と思われるグループもあり、切れの良いフラを披露していました。










  続いて入間修武太鼓。心配された雨も降らず、太鼓部の迫力ある演奏を楽しむことが出来ました。今年から、修武太鼓部長、長谷川基群司令も初参加。他部員とともに「やまびこ」と「楽」の2曲を見事に演奏、訓練の成果を見事に叩き出していました。











 1845からは、盆踊り。狭山市民謡連盟等、近隣の6グループとともに、今年も踊りの輪に加わる一般客も見られました。
 そして、1945からは、隊員盆踊り。基地協力会の潟買Fルペンファルマより提供された入間基地公式盆踊り「どんどん幸せつながる音頭」の曲が流されると多くの隊員らが踊りに参加。一段の盛り上がりを見せました。「どんどん幸せつながる音頭」の曲は、YANAGIMAN氏による作曲、踊りの振り付けは、「NORI」氏によるものとのことです。










 続く2000から花火打ち上げまでの2025までは総踊りで、民謡連盟、隊員、一般来場者多数が炭坑節などを踊りました。










 2025、いよいよ入間航友会、入間基地退職者雇用協議会、入間基地青年同友会、オリエンタル火工鰍フ協賛による花火大会が開始されました。協賛企業は、113社。これら協賛企業のおかげで今年もきれいな花火を楽しむことが出来ました。時間にして30分ですが、近くで見る花火は隅田川の花火にも負けないのではないかと思ったりもします。























 華やかさ、賑やかさ、楽しさに来年は孫を連れてくると言われた会員の方もいました。この入間基地納涼祭は、つばさ会の会員の交流の場としてもますます充実していくものと思われます。来年も一段の活況を期待したいと思います。

☆---------------------------------------------------------------------☆



              

つばさ会トップページ