本文へスキップ

つばさ会は航空自衛隊の諸行事・諸活動への協力・支援等を行う空自OB組織です。

電話/FAX: 03-6274-8644

〒160-0002 東京都新宿区四谷坂町9番7号
ZEEKS四谷坂町ビル 3F つばさ会本部

防衛4団体による平成30年度政策提言書


                              H31.3.31

 防衛4団体による平成30年度政策提言書

 「防衛4団体による平成30年度政策提言書」について、つばさ会政策提言担当理事から、本年度提言書の特徴及びつばさ会から提示した提言項目等について、以下のとおり説明がありました。
リンク先の「防衛4団体による平成30年度政策提言書」とともにお読み下さい。

☆---------------------------------------------------------------------☆

 防衛4団体(隊友会、偕行社、水交会及びつばさ会)合同による平成30年度政策提言書が、平成30年10月に完成し、11月14日、各団体の代表が、岩屋防衛大臣に報告しました。


 本提言書は、4団体合同で実施する政策提言の3年目であり、各会の自衛隊OBとしての知見を総合して作成しました。

 本年度提言書作成上の特徴としては、提言項目は減らすことなく、記述内容を精査しました。また、それぞれの提言項目について、「強く提言します。」、「要望します。」等、統一した用語を用いて、各提言の強さを表現しました。

 今回、つばさ会から提示した提言項目は、継続的な提言を含め、次の6箇所に反映されました。
 先ず、第3項「日米共同防衛・国際共同行動の実効性確保」では、29年度提言書「(1) 日米安全保障条約の改定検討」の記載内容から「柔軟に選択される抑止措置」関連部分を独立させ、@「(2) 「指針」の更なる実効性の確保」として項目建てしました。
 次に、第4項「防衛体制の強化」では、
・「(1) 着実な防衛力の整備」の提言事項に第2としてA「後方支援体制の充実」、第3としてB「FMS管理体制の強化」を追加

・29年度提言書の「(4) 着実な弾道ミサイル等の脅威への対応」を「(4) 統合防空ミサイル防衛(IAMD)態勢の強化」に変更した上で、提言事項の第5としてC「EMPや高速レーザー等の先進技術・装備に対する日米共同推進」を追加

・また、29年度提言書の「(5) 宇宙空間及びサイバー空間の利用及び対処」を「(5) 宇宙・サイバー・電磁波領域の能力強化」に変更した上で、提言事項の第3としてD「電子戦及び電磁スペクトラム管理に係る体制の整備」を追加

・更に、E「(8) 文書管理、情報公開等に関する制度の適正化」を追加しました。

本提言書が少しでも防衛政策の強化や隊員の処遇改善に役立つことを願っています。

 つばさ会会員の会会員の皆様方会員の皆員の皆様方には、防衛4団体による第3回目の政策提言書に目を通していただき、防衛省・自衛隊が抱える課題、問題点等について認識を共有していただければ幸いです。


 平成30年度政策提言書は、こちらからご覧下さい。

☆---------------------------------------------------------------------☆



              

つばさ会トップページ