本文へスキップ

つばさ会は航空自衛隊の諸行事・諸活動への協力・支援等を行う空自OB組織です。

電話/FAX: 03-6274-8644

〒160-0002 東京都新宿区四谷坂町9番7号
ZEEKS四谷坂町ビル 3F つばさ会本部

防衛4団体による令和元年度政策提言書


                              R01.12.10

 防衛4団体による令和元年度政策提言書

 「防衛4団体による令和元年度政策提言書」について、つばさ会政策提言担当理事から、本年度提言書の特徴及びつばさ会から提示した提言項目等について、以下のとおり説明がありました。
リンク先の「防衛4団体による令和元年度政策提言書」とともにお読み下さい。

☆---------------------------------------------------------------------☆

 防衛4団体(隊友会、偕行社、水交会及びつばさ会)合同による令和元年度政策提言書が、令和元年年10月に完成し、11月29日、各団体の代表が、山本防衛副大臣に報告しました。



 本提言書は、今年度も4団体合同で実施する政策提言として各会の自衛隊OBとしての知見を総合して作成しました。

 本年度の提言書作成上の特徴は、本年度の提言書作成上の特徴は、新たな大綱に示された方針の多くに意を強くするとした上で、防衛計画の大綱に示されなかった分野について引き続き提言するとともに、大綱に示された方針については、その具現化に向けた提言となっていることです。
 また、平素からの任務対応のため、人員・装備などに慢性的な負荷がかかる状態を解消しつつ、新たな領域を含めた防衛力構築のため必要な予算と人員の確保を提言しました。
 提言の強さの表現は、これまでと同様に「強く提言します。」、「要望します。」等、統一した用語を用いています。

 つばさ会からの提示した提言項目は、継続的な提言を含め、以下のとおり反映されました。
 第2項「安全保障法制の充実:グレーゾーン事態に応ずる法的整備」では、
・「(3) 新たな状況に対応する隊領空侵犯措置等の充実」に「バシー海峡方面から進出する航空機への対応体制」について追記

 第4項「防衛力の強化」では、
・「(2) 宇宙・サイバー・電磁波領域における能力の獲得・強化」の提言として「新領域での能力獲得に係る新たな予算・人員を確保すること」を前提とした整備を提言
・「(3) 従来領域における能力強化」では、「作戦基盤である基地の防護」及び「スタンド・オフ防衛能力の強化」、「IAMDの強化」そして要時・要域に戦力を投射する「機動・展開能力の強化」を提言
・「(4) 「持続性・強靭性の強化」では、「後方支援体制の充実」と「施設の共同使用と特定公共施設の使用による航空作戦基盤の拡大」を強く要望

 第5項「人的基盤の強化」では、
・「(2)任務の多様化・国際化等に対応する人的防衛力の確保、育成等」において、少子化対応のため、曹士人員充足モデルの変更といった採用基準・募集枠の見直しを提言

 第6項「技術基盤の強化」では、
・「(1) 将来戦闘機の開発」で我が国主導による開発事業を速やかに開始することを強く要望し、多国間で共有可能な耐空証明制度を防衛省として早期に構築することを提言

 第10項「防衛力を支える要素」では、
・「(3) 知的基盤」において、米国の制度を参考にしつつ、我が国独自のシンクタンク等の創設を強く要望

 本提言書が少しでも防衛政策の強化や隊員の処遇改善に役立つことを願っています。つばさ会会員の会会員の皆様方会員の皆員の皆様方には、防衛4団体による政策提言書に目を通していただき、防衛省・自衛隊が抱える課題、問題点等について認識を共有していただければ幸いです。

 令和元年度政策提言書は、こちらからご覧下さい。

☆---------------------------------------------------------------------☆



              

つばさ会トップページ