航空幕僚長 井筒 俊司

つばさ会会員並びにご家族の皆様に謹んで新春のご挨拶を申し上げます。 旧年中は、航空自衛隊に対し格別のご厚誼を賜り、誠にありがとうございました。
 昨年からの新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向けた各種対策のもと、例年とは違った年始をお迎えの方も多いのではないかと存じます。 航空自衛隊も例外ではなく、各種の制約を受けつつも、「新しい生活様式」の徹底を始めとする各種感染拡大防止策を、創意工夫をもって実施しながら、24時間365日上空を見上げ、我が国の平和と安全を守るため、即応態勢の維持、練成訓練、それらに係る後方支援等の実施に全力で取り組んでいます。
 我が国を取り巻く環境は、引き続き既存の秩序をめぐる不確実性が増大するとともに、一国のみでの対応が困難な安全保障上の課題が顕在化しています。よって、航空自衛隊が担う役割や活動の場面も大きく広がっています。このような中において、昨年は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けつつも、空と宇宙は仲間と共に守る必要があるとの認識のもと、日米共同訓練や「自由で開かれたインド太平洋」ビジョンを踏まえた防衛交流等を進めました。また、対領空侵犯措置、弾道ミサイル等への対応、豪雨や台風被害に対する災害派遣等を始め、警戒航空団や宇宙作戦隊の新編、人的基盤の強化に係る施策などを行い、国民の負託に応えてきました。
 本年は、中期防衛力整備計画の3年度目として、真に実効的な防衛力としての多次元統合防衛力の構築に向けた防衛力整備を着実に実施する年であり、宇宙作戦群(仮称)の新編、F-35Bの取得等、新たな領域における能力の獲得・強化を着実に進めるとともに、人的基盤、スタンド・オフ防衛能力、機動・展開能力等の強化、更には後方分野も含めた防衛力の持続性・強靭性の強化等を引き続き行っていくこととしています。 
 航空自衛隊は将来においても我が国の空と、そして宇宙の安全を国民に提供し続けるため、前に進む「進化」、既存の機能や能力を深める「深化」を確実に進めて行かなければなりません。そしてこれら二つの「シンカ」は、我々航空自衛隊の真の価値、すなわち「真価」を問うものでもあると考えています。前に進み、物事を深く追求しながら、航空自衛隊の真の価値を発揮できるよう邁進して参ります。
 本年も引き続き、航空自衛隊に対するご理解とご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
 結びに、つばさ会の益々のご発展と会員並びにご家族の皆様のご健勝とご多幸を祈念し、新年のご挨拶といたします。