つばさ川柳 120号

つばさ川柳の投稿はこちらから。
【 自由吟 】

  <

本棚であくびしている新刊書

お出かけの妻に嫌味の独り言

末田 洋一 さん

年毎に頼りの杖となる夫婦

夢をまた削り妥協をする暮らし

竹重 満夫 さん

来し方をふと振り返る喜寿の朝

一杯の酒ほろ苦し訃報聞く
田所  健 さん

空母往き東シナ海波高し

助け合い届くものなら託したい
中井  極 さん

風便り届いて困るシーベルト

かすがいの犬は何でも知っている
蜂巣  徹 さん

その内に使う積もりがごみになり

なでしこに次いでスパコンやっと出る
藤沼 智弘 さん

晴れやかに見栄が行き交う七五三

居乍らに地デジで山の紅葉狩り
宝納 徳一 さん

柿花火数え終えてもバスは来ず

迷子靴探し出すのは矢張り足
堀内今一歩 さん

秋深く稲穂ざわめく風の跡

節々が油切れだと夜泣きする
蒔苗八十八 さん

たばこ税いいけど来るなお酒税

イクメンもやったが今は介メンだ
若松 靖夫 さん

優勝のスケーターから貰う笑み

TPP何も分からず見るテレビ
上田 将子 さん

放射能人のハートに突き刺さる

被災地は迷彩服に手を合わせ 
大西芙三男 さん

余震にも慣れて少しの揺れ平

スーダンとやらへ益荒男派遣され
木村  泉 さん

ブランドの財布中身を嘆いてる

シブの意を形で示す渋の文字
佐原 利幸 さん

スピーチで老化をさらす長話

身に合わせランクを落とすせち料理
鈴木  至 さん

ピーマンの空っぽが好き肌の艶

許せない奴に又々騙される  
願法みつる さん





川柳は、すべて詠み人の表記にしたがって掲載されています。
作品の著作権は、すべてつばさ会に帰属します。無断での転載・使用などはご遠慮ください。