つばさ川柳 123号

つばさ川柳の投稿はこちらから。
【 課題吟 『誇 る』 】

みつる選


  何のこと別に大した事じゃない   若松 靖夫

  日の丸を背負って競う金銀銅  中井  極

  無いものは誇り名誉も金も有り  岩崎 篤子

  防人の我が人生に胸を張る   田所  健

  どの顔も誇りを込めて聖火消ゆ  大西芙三男

  したり顔乗せて銀座を凱旋車   宝納 徳一

  誇るべき事はなくとも清く生き    蒔苗八十八

  喜寿迎う小さき誇りに支えられ    堀内今一歩

  耐え抜いた男の眉がもつ誇り    竹重 満夫

  国のためなどとは言わぬメダリスト  鈴木  至

  親譲り脛はないけど骨がある    佐原 利幸

  誇るもの何があるかと腕を組む   藤沼 智弘

秀 勤勉の見本棚田が光ってる    末田 洋一

秀 長寿ならまかせなさいと胸を張る   蜂巣  徹

秀 我が母校乙女の誇り持ち続け   木村  泉

軸 愚者なりに人真似なしの自然生  願法みつる






川柳は、すべて詠み人の表記にしたがって掲載されています。
作品の著作権は、すべてつばさ会に帰属します。無断での転載・使用などはご遠慮ください。